ホットクックをついに購入。毎日の炊事の手間がかなり省けました。

雑記
スポンサーリンク

ついにホットクックを買いました

ホットクックがきになる…でもな…高いしな…でもな…欲しいな…でもな…

ホットクック…ホットクック…

鳴き声がホットクックになりそうなくらい検討に検討を重ねていたホットクック、ついに買いました。

なぜ購入に至ったかというと…

愛用者のプレゼンが毎度熱すぎるため

です。私は知っています。みんなが良いというものは、だいたい良いものであることを…

 

夫には「ホットクック気になるけど高いよね…鍋でできるもんね…」チラッチラッとお伺いを立てていたのですが、もうこれは欲しいのだと。給付金も出たしこれを機に買いたいのだと。正直に申し立てました。もちろん快諾してもらえました。(ちゃんと使ってね、という言葉とともに…)

 

使ってみた感想

はじめましてホットクック…。

懸念事項にもなっていましたが、2・4リットルモデルはとにかく大きくて重いです。炊飯器よりも大きい。電子レンジを置くくらいのスペースが必要と考えたほうが良いと思います。

勧めてくれた友人はイケアの三段ラックの一番上に乗せていました。

とにかく大きいので導入を考えている方はまずキッチンのスペース確保が必要です。

 

そして最初に通信の設定を行います。これが少し手こずりました。アプリを介してホットクックがWiFiにつながるように設定しました。仕組みはわかりません。言われるがままにやったらとりあえずできたので、なんとかなるとはおもいます…

結果、とても楽でした。

材料と調味料をドバッと鍋にいれて、メニューを選んで、後は待つだけ。

ホットクックを買った時にメニューブックが付いてきており、それが本体にも内臓されているという感じです。WiFiで通信するのに対応したモデルだとメニューをダウンロードしてきて使うこともできます。

 

結局どうなの?

私は「大アリ」だとおもいました。

とにかく高価で、お惣菜を買ったほうがお金も時間もかかりません。

加熱時はほっとくだけとはいえ、そこに至る準備する手間は少しはあります。

しかし、料理が美味しくできるのです…。

いわゆる「メシマズ」、料理が苦手で下手な私には画期的なことでした。

言われた通りにすれば失敗がほとんどありません。

ズボラなのでメニュー通りではなく調味料も目分量だったり、食材を足したり交換したり減らしたり自由にやっていますが、それでもそれなりの美味しいものがきちんと出来上がります。

カレーや大根の煮物など、味が具にしみてやわらかいので、子どもがとてもよく食べてくれました。

また、75度で60分…なんていう風に温度設定して低温調理ができるので、サラダチキンやローストビーフがとても簡単につくれます。

今までは大きい鍋にお湯を沸かして火を消して、ちゃんと加熱できてるかな…どうかな…と恐る恐るサラダチキンを仕込み、結局パサパサだったり、生っぽかったり、ムラがあったものですが…今は確実に美味しいサラダチキンが作れます。

夫が筋トレメニューを積極的に摂っているのでサラダチキンを常備するのにとても良いです。助かります。

今思い出しましたが、温泉卵もとても簡単に作れました!

必要な時に作れるの、とても良いです。

 

麺や野菜を茹でる時にコンロは使いますが、煮込み料理でコンロを使うことがほとんどなくなりました。

ホットクックに任せる時間で他の家事をしたり子どもと遊んだりできる。

時間を捻出できるというのは何にも代えがたいです。

ということで、私的には「買ってよかった」です。手放せません…。

迷っている方は、エイヤッと買ってみるのも良いかもしれません。

(確かおためしレンタルサービスもあったような気がします!)

 

10/13現在、Amazonプライムセールで少し安くなっているようです。

 

タイトルとURLをコピーしました